自宅でできる肉体改造、割れた腹筋と厚い胸板、ボディメイクとしての筋トレ法

最強オールラウンダー・スーパーGL!

HOME | サイトマップ | リンク     >>> 最近の様子は、こちらのブログで!

新型200系レジアスエース(ハイエース)・スーパーGL・4WD


HOME > タイヤ・ホイール

タイヤ・ホイール

●タイヤについて

ノーマルタイヤ  ノーマルのタイヤサイズは、
 195/80R15 です。

 4ナンバー車ですので、貨物車規格のタイヤで、
 フロント、103/101L LT
 リア、  107/105L LT

 2WD → 1250kg、4WD → 1000kg の、
 荷物を満載したときの重さを、前提にしているのですが・・・
 (同じサイズでも、リアの方が、
 高い圧力に耐えられるものになっている。)

これが、RVとして乗りたい人にとってのネック!

このタイヤの乗り味は、やはりゴツゴツ。
そんなにスピード出てないのに、すぐにキキーと鳴きます。
ゆっくりと回っているのに・・・ 街中でタイヤが鳴くとちょっと恥ずかしい・・・

まぁそれでも、従来型の4WD車の標準タイヤよりは、数段良くなってます。

従来型は、ブリヂストンのDESERT DUELER 610
バン・ライトトラック用の4WDタイヤでした。

積載量いっぱいまで、荷物を積むことがないなら、
空気圧を少し抜くと、乗り心地が改善されます。(特にリア)

ただ、バン用タイヤは、その構造上、乗用車タイヤと同じまで抜くと危険です。

上質な、走り・スタイル・内装の、スーパーGL。

その良さを、最大限引き出すために、
できれば、ミニバン用、RV用のタイヤに変えたいところですが、
法制度の問題が・・・・
(バン用タイヤでないと車検が通らない。)

従来型に乗っていたとき、このタイヤ を試したことがありますが、とても、満足でした。

スーパーGLユーザーの多くは、トラックとして使ってない人が多く、
また、ミニバン・ワゴン車より乗車定員が少ないので、
このあたりの規制緩和も、検討して欲しいところですが・・・ムリかな?

販売店オプションの「モデリスタ」仕様は、ブリヂストン R600

メーカーが、グレードアップパッケージに採用するくらいだから、やっぱりいいんでしょうか?

さて、もう気づかれた人もいらっしゃると思いますが、

新型のハイエース・レジアスエース、2WDと4WD、同じタイヤなんです。

4WDが、4WDタイヤじゃないんです。

ここにも、従来型と新型のキャラクターの違いが出てますね。

従来型の4WDは、オフロードも考慮していたのに対し、新型は、オンロード4WD。

新型は、従来型と比べ、サスのストロークも短く、ホイールハウスのクリアランスも少ない。
(4WDのエンブレムも、ステッカーもないので、外観での見分けも困難。)

そのぶん、コーナーでのロールも少なくなったし、S字での揺れ返しも減ったけど・・・
4WDの良さが減った? 別の世界の4WDになった?


■2009年10月、フロントタイヤを交換

リアタイヤと同じ耐荷重のものに・・・

バン(貨物車)なので、フロントタイヤとリアタイヤの耐荷重が違う
なので、タイヤの前後ローテーションができなかった・・・

でも、法律では、耐荷重はそれ以上ということなので、
前輪に後輪用のプライ数のタイヤを装着するのは問題なし。

これで前後ローテーションができる!
乗り心地も問題なし

コスト差もユーザーが払う金額で、一本、千円するかしないか・・・


で、あくまでも、一ユーザーの素人意見として、

それだったら、何故、最初から、そうしないのだろう??

生産時の仕入れなら、もう少し安くなるだろうし、管理コストも削減されるはず・・・
タイヤメーカーだって、生産コスト、管理コストが減ると思うんだけどなぁ・・・

結果、ユーザーが払う金額もほとんど変わらなくなるのでは?
生産量そのものは変わらないから、人の削減の必要もない。

なんで、業界全体でやらないのだろう??

これだけ、不況だ、減益だといってるのに・・・ 不思議だ・・・

追記:
3型では、前後同じロードインデックスのタイヤ(107/105L)になりましたね♪


■2013年5月、タイヤを1本だけ購入

  タイヤ修理不可能で「ダンロップDV-01」を注文
  届いたタイヤ(DV-01)を組み換えて収納

●ホイールについて

200系
ハイエース・レジアスエース
ホイール

>> 15インチ
>> 16インチ
>> 17インチ
>> 18インチ

ノーマルホイール  ノーマル(標準仕様)では、
 スチールホイール、樹脂製ホイールキャップ。

 樹脂製ホイールキャップは、
 スーパーGLと、DXでは、別デザイン。

 ここで、意見が分かれると思うのですが、
 ホイールキャップ、どうなんでしょう・・・?



かつてのように、走行中に、簡単にはずれることもないし、
パンクも、ほとんどしなくなったけど・・・。

気にしない人は、気にしないし、
気にする人は、好きなデザインのホイールに変えるだろうから、
グレードで、ホイールキャップ、変える必要もないし、
そもそも、ホイールキャップ、要らないんじゃないか? とも思うのですが・・・。

クルマ全体の、デザインのバランスを考えたら、
ホイールキャップ、付けたくなった気持ちも、わかりますが・・・。

タイヤとホイール、気に入ったのを履きたいけど、
もうしばらくは、このままで走ります。。。



>> トップページへ戻る




タイヤ通販の終着駅 AUTOWAY


Copyright 2004 200系レジアスエース・ハイエース:最強オールラウンダー・スーパーGL! Allrightreserved.


広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー