自宅でできる肉体改造、割れた腹筋と厚い胸板、ボディメイクとしての筋トレ法

最強オールラウンダー・スーパーGL!

HOME | サイトマップ | リンク     >>> 最近の様子は、こちらのブログで!

新型200系レジアスエース(ハイエース)・スーパーGL・4WD


HOME > ファーストインプレッション!

ファーストインプレッション!

まず、エンジン始動。

プレヒートの時間が一瞬で終わる。(暖まってない夜間、早朝でも早い。)
従来型でも遅くはなかったが、今度のは本当に早い。

セルを回す。
ん? エンジンがかかるのは逆に遅い。
まだ新車だからだろうか? それともこの個体の問題? この車種みんな?

スタート。ゲート式のシフトレバーは慣れてないので、ちょっと違和感。
でもすぐこれが普通になるでしょう。
ただ、ひねって押して戻すレトロなパーキングブレーキが、
どうも変な感じで、発進時に、なんかひとつ仕事を忘れているような感覚です。

シフトレバー パーキングブレーキ

アクセルはずいぶん軽くなりました。
パワーもあがってるのがハッキリわかります。
パワーよりトルクかな? 
滑らかに回っていきます。

速くなりました。音も静かになって、これは満足!
(300キロ走ったころから、初期の抵抗がとれた感じで、さらに滑らかになりました。)
(考え方はいろいろありますが、キッチリとナラシをおこないました。)

ブレーキが、すごくよくなりました。

ABSによる、安心安全性だけでなく、
少ない力で、とても良く効くようになったので、
コントロールしやすくなり、より疲れにくくなりました。
ブレーキシステムだけでなく、
サスペンションをふくめた車体そのもの(重量配分も)がよくなっているのでしょう。

駐車、取り回しの時、ハンドルが重く感じます。
ハンドルが小径になったのと、4WDがフルタイムなので前輪の駆動の抵抗でしょうか?

異なる4WDのキャラクター

従来型の4WDは、オフロードも考慮していたようですが、
この新型では、オンロードを前提に作っているようです。

それを表しているのが、タイヤ。
新型のハイエース・レジアスエース、2WDと4WD、同じタイヤなんです。

4WDが、4WDタイヤじゃないんです。

したがって、オンロード走行での荷重での仕様で、
サスのストロークも短くなり、車体の最低地上高も低くなったようで、
タイヤとホイールハウスとの空間が狭くなってます。
(チェーン巻くのは従来型の方がラク?)

コーナーでのロールも、S字での揺れ返しも、100系より、かなり抑えらていて、
新型の200系は、オンロード4WD。

4WDのエンブレムも、ステッカーもないので、2WDとの外観での見分けも困難です。

峠道ではどうでしょうか?

もともと峠で楽しむクルマではありませんが・・・

やっぱりオンロードセッティング。
従来型より少ないストロークの中で吸収して追従してます。
車体のロールも少なくなり、S字の切り返しでも、揺れ返しが小さくなりました。
(あくまで箱バンとしてはのハナシ。)

ハンドリングもクイックになり、
パワーも上がって(というか出方がよくなったのかな?)結構楽しめます。
(箱バンとしてはですヨ!)

ブレーキがよくなったのも大きいです。
立ち上がりでパワーをかけていくと、FRだと旋回力が増していくのですが、
フルタイム4WDだとそのへんの醍醐味が損なわれてます。

でも、濡れた路面では、
リアの流れ出す感じや、フロントの必要な内向力以上に切れ込んでしまう感じがなく、
ストレスが減ってます。

アクセルを開けていくと、
FFほどではないけど、フロントに若干の駆動の抵抗をここでも感じます。

FRのパワーオバーステアを使うこともできないけど、
後輪の押す力が前輪の内向する力より勝ってしまうプッシュアンダーも出ないし、
FFのような余計なパワーを前輪のスリップで逃がす(これもトラクションコントロール??)
ことによるアンダーとも違う、オンロード4WD独特の挙動ですね。

これに馴染んでないので、ちょっと違和感を感じました。
でもこれも走りこんでいけば、慣れていくでしょう。

そうなるのと残念なのが・・・

ノーマルタイヤ  このプライ数の入ったバン用のタイヤ!

 これを乗用車用(ふらふらしないミニバン用?)に変えると、
 ちょっと気になってた、
 ガサツなトコロが解決できると思います!

 グリップとタイヤによる減衰力の向上で、
 もっと楽しくなるハズ!

さらに残念に思うのは・・・

シートとシートポジション。

停車状態で、良く感じたシートは、意外に滑る。
座り心地は悪くないが、ホールド性は、従来型の方がはるかに良い!

それと・・・

着座位置の上がったシートは、
ハンドル、ペダル、視界との位置関係が悪く、
操作しにくく、リラックスしたポジションが、とりづらい。。。



>> トップページへ戻る




車中泊マットのご購入はこちら
車中泊専門店オンリースタイル


Copyright 2004 200系レジアスエース・ハイエース:最強オールラウンダー・スーパーGL! Allrightreserved.


広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー